2006年03月31日

将来、何したい?って・・・

ランキングに参加してます。ここをクリックで投票です。ヨロシクお願い
します。



4年前、30年ぶりに、高校時代の友達四人が感激の再会をした。



高校時代とあまりの変わりのなさに、全員愕然としたものだ。






イラスト入り回覧板を製作してみんなに回していたアテネは、デザイン事務所を設立。


高校時代やってたことと同じことを仕事にしていた。


(あの当時から、有能なコピーライター&イラストライターだった。)


しかも、そのイラストを見た先生に「お前、普通の大学より、美術大学に行った方がいいんじゃないか」と言われ、入った大学をやめ、一浪して○○美大に行き、デザイナー&イラストレイター&コピーライターになったといういわくつき。






おもしろくて、かつシニカルなスパルタは、昔と同じスタンスで、高校生相手に先生をしてた。




生徒「先生、オレ達のこと、好きだべ。」



スパルタ「キライだよ。」




生徒「え〜〜、うそぉ〜オレ達のこと好きだべ?」



スパルタ「だから、キライって言ってんだろうが」












生徒「先生、化粧くらいしてくれば?」




スパルタ「一応、してんだけど。」






生徒「先生、この書類パソコンでやっといたよ」

スパルタ「いや〜、ありがとう。お前が卒業したら、先生どうしよう?」

生徒「先生、また、新入生がはいってくるよ、そいつらにやらせればいいよ。」

(決して、スパルタに「先生、パソコンくらい覚えなよ」とは言わない。)








生徒「オレたちの高校って、どうしてこう規則がきびしいんだよ。他の高校のやつらなんて、気楽にやってるよ。」

スパルタ「お前、この学校に入る前、体験入学ってなかったか?」

生徒「あったよ」

スパルタ「そん時、うちの学校で変なかっこうしてるやつら、いたか?」

生徒「いなかった」

スパルタ「そうだろ。うちの学校は規則がきびしいんだ。そんなことも気付かず、この学校に入ってきたお前がバカなんだ。


それがイヤだったら、他の高校に行けばよかったんだ。まっ、お前が他の高校受かればの話だがな。」

生徒「ちぇっ」



スパルタ「それに、ここは工業高校だろ。工業高校ってのは、機械がいっぱいある。ちょっとした気のゆるみが事故を起こすんだ。

きまりを守る習慣をつけることが大事なんだよ。

気楽にやってても事故なんか起こさない普通高校の生徒とはちがうんだ。」




―――すごい説得力。




スパルタ「私も、よく生徒が私のいうこと聞くと思うよ。まあ、演劇部でつちかった演技力かな?」







かわいい少女だったパルテノンは、かわいい奥さんになってた。







あまりの楽しさに、毎年会おうと約束した。


去年会えなかったので今年は年明けそうそう、「三月○日、温泉を予約したから集まれ」と、スパルタからの指令。



というわけで、三月○日、地元近くの温泉に集合。


パルテノンはドタキャン。

スパルタ「あいつはもう誘わん。」





いや〜しゃべった、しゃべった。





アテネ「うちの亭主、仕事辞めたの言ったっけ?」

スパルタ&私「え〜〜〜!?、聞いてないよ〜」



アテネ「うち、この前会ったとき、亭主が仕事辞める辞めないで冷戦状態だったじゃん。
そんなにイヤなら辞めろって言って、辞めさせた。」

私「でも、アテネんとこって親戚一同の家内工業じゃなかったっけ?」

アテネ「そーだよ。だから、大変だった。

で、今は母親と冷戦状態。

でも、母親より、亭主じゃない?」

スパルタ&私「エライ!」



スパルタ「で、今は何してんの?」

アテネ「亭主が趣味で作ってるものを、息子と私で、インターネットで出したらさあ、売れるのよ、これが(コピーライターはお手のものだもんね)。

で、それ、仕事にしてる。私も仕事がんばってるよ。」

私「す、すごい!」





スパルタ「ところでさあ、みんな、将来、何やりたい?」




アテネ「将来?・・・老後のまちがいじゃあないの?」




「まさか、53才になって、将来の展望聞かれるとは思わなかったよ。」





スパルタ「私はさあ、将来、・・・・・



パート2に続く。





posted by タキちゃんのママ at 22:35| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タキちゃんママさんはゴット・マザーって感じでカッコイイっ!って思っていましたが、やっぱり一緒の方々も個性的な人生を送っていらっしゃるような。
スパルタさん、いいなぁ〜、タイプですぅ。(*^▽^*)ゞ

将来は・・と夢を探してほぼ半世紀、外見は重力に逆らえなくなりましたが、ハートは30数年前から変わりません。(進歩無し...)
仲間内の会話は『老後』と言わず『将来』と言うことにします。

聞かせて聞かせて、タキちゃんママさんの将来の展望。何だろうなぁ・・・?
Posted by ペロC at 2006年04月01日 08:31
よい!すこぶるよいです!スパルタさん♪
やっぱり類は類を呼ぶですね。ほ〜〜んと個性揃いでタキちゃんのママさん筆頭に素敵なお友達の「わっ!」です。
やっぱり多感な中学・高校時代に仲が良かった人とはなが〜〜く良い友達のままでいられるような気がします。
お三人さんの将来の展望がすっごく気になります。あぁぁぁまた今夜も眠れないわ!
Posted by やこ at 2006年04月01日 16:15
わ〜。皆さん、本当にかっこいい!
たー坊が行く学校にもスパルタさんみたいな先生がいてくれたらいいのにな〜。

私の将来の夢は、コドモ達がある程度手が離れたら
自分の趣味のサーフィンで大会に出ることです。
ずっと趣味でサーフィンをしていましたが
結婚し、出産してなかなか海にも行けなくなり
大会で1位を獲る!と言う目標はかなえられませんでした。
体力が日々衰えていきますが、夢に向かい
体力作りに勤しんでいます!!

タキちゃんのママさんの将来、すごく楽しみにしています!
何だろう♪
Posted by at 2006年04月01日 16:22
ペロCちゃん、
ゴッドマザーって、あなた。
私が自分で持ってるイメージ(やさしいおばさん)からどんどんかけ離れていってしまうんですけど。
アテネとスパルタの二人は、クラスでも超個性的でした。
変わってないのよ、今でも。
私に展望なんてありませんよ。
行き当たりばったりの人生ですから。
Posted by タキちゃんのママ at 2006年04月01日 19:41
やこちゃん、
期待させちゃって悪いけど、将来なんて言
ってんの、スパルタだけですから。
でも、これを機に、私も考えます。
これから、続きを出すので、今夜は眠れるよ。
また、ヘンな想像をふくらませないように。
Posted by タキちゃんのママ at 2006年04月01日 19:56
笑ちゃん、
サーフィン大会ってすごいじゃない。
キキコの友達のお父さん(くりちゃんのパパ)は、今でも現役のサーファーらしいよ。
夢があるってすごいことだよ。
実現を私も楽しみにしています。
Posted by タキちゃんのママ at 2006年04月01日 20:08
ギャハハヾ(≧▽≦)人(≧▽≦)ノギャハハ
タキちゃんのママは素敵!と思ってら 皆さん素敵ですねぇ(素敵=凄いとも言う)(笑)
私もこれを機に将来何したいか考えて見ますね。ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆
Posted by なおねぇ at 2006年04月01日 21:00
なおねぇさん、
そーだったのよ。私たちにも「老後」じゃなく、「将来」があったのよ。
実現できるとかできないじゃなく、「夢」を持ってみようと思わせてくれたありがたい同級生でした。
なおねぇさんの将来の構想は?
決まったら、ぜひ教えて。
Posted by タキちゃんのママ at 2006年04月01日 21:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15909574

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。