2007年09月20日

決して、この部屋をのぞかないで下さい

  






       family_01megane_s.gif








ランキングに参加しています。ここをクリックで投票です。ヨロシクお願いします。



   





        01.gif







だいぶ、前の話になってしまいましたが 



 
行ってきました! 久しぶりのアテネとスパルタとのミニ同窓会。




山奥の秘湯 ではなく湯治場に!!








散らかった部屋を片付ける暇もないまま、




とりあえず、タタオの部屋だったところに、すべてのゴタゴタを押し込み




「決して、この部屋をのぞかないで下さい」






ダンナ「お前は、はたでも織ってんのか?!」(日本昔話「ツルの恩返し」参照)






アテネの運転する車で 川に沿って、山また山を分け入り、山の奥深く行ってみると、




そこは お店もない、観光客もいない 地元付近の人くらいしか来ていない温泉。





千二百年前からの温泉も、源泉そのままから湧き出してきてて 心地良い。




山ふところに抱かれてといった感じで、なんとも癒される。




心からリラックスできた。






もちろん、自炊なので スパルタが、いろんなもの用意してきてくれた。




会ったとたん渡されたのが、




松の実、ごぼう 人参 レンコン 鶏肉 あさりやらが入った




古代米の炊き込みご飯
のおにぎりとお茶のお昼ごはん。







山と川を見渡せる露天風呂にはいり、




スパルタがクーラーボックスに持参してくれた手作りのおかずを前に、




ビールでかんぱ〜い♪





いや〜たまらん。




こんなのも、いいね〜。





さんざん、スパルタに文句いってたくせに、いい気なもんである。




スパルタ、おいしいお酒も持参。




私は、新幹線に乗る前 あわてて買ったシュウマイのみ持参。








スパルタ「今年、生徒が卒業でさ」




アテネ「どーだった?みんな卒業できた」




ス「できたよ」




私「えっ?中退する子いなかったの?」




ス「今年は、みんな、卒業できたんだよ!




2年のとき、高校やめて通信高校に入りながら好きなことやるって グダグダ言うヤツがいてさ。




『お前の人生なんだから、辞めてもいいけどな。




とりあえず、お前、親といっしょに、その東京の通信高校見に行ってこい』





って言ったんだ。




行ってみたら、通信は、やめる子も多くて続けるのがたいへんだってわかってさ。




学校やめるのは、あきらめたんだ。






そいつが、3年になって、またグダグダ言い出したから




『お前は、2年のとき、学校辞める勇気がなくてあきらめたんだ。




やめるならあのとき辞めてればよかったんだ。




今ごろになって、グダグダ言うの許さん。ちゃんと卒業するんだ』





って言って全員卒業だよ」





私「すご〜い! このご時世に 全員卒業とは!」







ス「卒業式の前、返事の練習したんだ。





『お前たちの親が、きょうの卒業式に、校長の話聞きたくて来ると思うか?




親は、お前たちの
「はい」っていう返事聞くためだけに、忙しい中、仕事休んで学校に来てるんだ。





その親に聞こえるように「はいっ」って返事しろ!





お前たちの後ろには在校生がいる、




さらにその後ろにいる親に聞こえるように、おっきな声だせ。




今から練習!』





『○山○男』




『はい』





『だめだ 声が小さい!遠くにいる親に聞こえないぞ。もう一回!』





私「すごいね。スパルタは、生徒の心に届くことが言える」




ア「それで、どーだった?」




ス「すごくよかった。




まず、一番返事しそうもない子が、最初に、大きな声で返事したんだ。




後は、もうバッチリ。




生徒も父兄もとっても喜んでくれて




いい卒業式だったよ」






つづく






         pc.gif

       アニメ提供 コロママ
posted by タキちゃんのママ at 23:45| Comment(76) | TrackBack(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。