2006年06月29日

勉強とらばーゆ 〜キキコ編〜パート1.



ランキングに参加しています。ここをクリックで投票です。ヨロシクお願いします。





              family_05s.gif










みいちゃんのコメントに






「タキママ一家の中にいる人達は(ラッキーも)大袈裟な言い方だけど、



等しく人権が尊重されるんだなぁって思いました」







というのがありました。













『これと同じようなこと どっかで言われたよなぁ。




そうだ、確か、キキコの中学の通知表に 担任の先生が書いてくれたんだ』







と思い出して、キキコの通知表を探したのだが、これが見つからない。








さてはキキコ 塾の先生としての立場を守るため、



過去の通知表抹消したんじゃないだろうな?
















それには 確か こう書かれてあった。





「タキ本さんちは、みんなが何でもやりたいことをやって、



それを家族が応援してるのが印象的です」















こんなふうに、書かれたわけは・・・・・・









キキコが中学3年になったとき、



計算のできない親子のダンナとタタオと違って



多少は計算のできるキキコは、私にこう言った。








「あたしも受験だからさ、真面目にやろうって思うんだ。




だから、おかあさんも ここはひとつ




PTA役員でも引き受けて 




一緒の真面目になったってことアピールしよう!!」














“なんで 私まで?!”って思ったけど、キキコに





『あの時、おかあさんが協力してくれなかったから、受験失敗した』




なんて言われてもなんだからと思い、





私もPTAのクラス役員に。












タタオのことはすでにふっ切れてたので、




PTAに行っても、言いたい放題。





「息子は高校中退して、ガテン系」






「息子も娘も校則違反の服ばかり」





などと言ってたので、





けっこう “子供がいろいろ心配”な親から、相談されたりしてた。






真面目な子を持つ親には言えないが 






子供がズッコケてる私だと、安心して話せるらしい。












先生も、息子が「高校中退する」って言っても止めもしない親に驚いたらしい。







しかも、親は悩んでるふうもなく、明るい。









さらに、今度はキキコが




「難関私立高を受験する」





と言い出した。




         パート2につづく



             family_04s.gif

              アニメ提供 コロママ




         
posted by タキちゃんのママ at 19:59| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

タタオが五月病?!


ランキングに参加しています。ここをクリックで投票です。ヨロシクお願いします。





        family_01megane.gif  







何年か前の五月のある日、





タタオ「オレ、五月病かもしれない。


なんか、やる気なくってさ」




私「五月病って言ったって、アンタ、仕事に行ってるじゃん」




タタオ「もちろん」




私「五月病って、新しい環境になじめなくて、


学校や仕事に行けなくなったりして、


ノイローゼみたいになるこというんだよ。」








タタオ、しばらく考え



オレ、やっぱり、五月病じゃなかったわ







毎朝、元気に起きて ガッツリ朝ごはん食べて 仕事行くタタオの 


どこが五月病なんだ!!







五月にちょっとテンション下がったくらいで、五月病って?!









ある日タタオが言った。



「オレって、マザコンだからサ。」




マザコンって、アンタ、今まで、おかあさんのいうこと、


ハイハイって聞いたことある?




母が髪染めるのやめろって言ったらやめた?



母がケンカするなって言ったら、しなかった?



母がバイクは危ないからやめろっていったらやめた?



母が高校やめないでって言ったら辞めなかった?



(私は神社3つもはしごしてタタオが高校やめませんようにってお参りしたのに
・・・・・ムダだったけど)






なんにも、言うこときかなかったくせに!!





かーちゃんが好き」なのと、「マザコン」とは違うんだ!!



(誰だって かーちゃんは好き)












私「おにいちゃん、ちっとも勉強してないから 知識がない。



これからちゃんとやってけるか、心配だよ」






キキコ「だいじょうぶだよ。




おにいちゃん、知識はないけど判断力はあるからサ!!」






            family_04s.gif

            アニメ提供 コロママ



posted by タキちゃんのママ at 01:01| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

茶髪パート3.「なんか変じゃね?」

 



ランキングに参加しています。ここをクリックで投票です。ヨロシクお願いします。
 





           bic_4.gif







私「先生から『帰れ』と言われたら 帰っておいで」


タタオ「本当に帰っていい?」


私「もちろん」



タタオ 明るい顔で



「おかあさんに全部言ったらスッキリした」



それ聞いて 私もホッ。







とりあえず 



「子供が何でも言える家にしなくちゃな」



と深く思った私。



で 



「世間体より子供の気持ち重視」



に方針も変えた。







そうすると いろんなことが



『何か変じゃね?』


と思われてきた。





友達の娘は生まれつき髪の色が茶色っぽい。


高校の時、先生に染めていると疑われ つらい思いをした。


(しかも真面目でおとなしい子で そんなことやる子じゃないくらい わかりそうなものなのに)




『なんか変じゃね?』






学校は 細かいことばっかりちゃんとさせようとして 


いじめとかの問題はウヤムヤ。







「先生は 茶髪取りしまりなんかにエネルギー使うんだったら 



もっと授業おもしろくする工夫でもしろ」



って言いたくなっちゃう。









タタオが小6の この事件で 



「世間体より子供の気持ち重視」に方針も変えたから



その後の中学時代、



タタオとケンカしながらも 



家庭がメチャメチャになることなく乗り切れたんだと思う。



それにダンナがあの通り



髪染めようが1ばっか取ってこようがへっちゃらだったしね。










あの当時 私の友達が言った




「アンタんちって、子供があんななのに 家庭は明るいよね」




(あんなって オイ!)





              bic_4s.gif
 
            アニメ提供 コロママ






posted by タキちゃんのママ at 20:21| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

茶髪 パート2.何か変じゃね?




ランキングに参加しています。ここをクリックで投票です。ヨロシクお願いします。




        family_05s.gif








「茶髪」でよく言われるのが





きまりを守るのも大切。


きまりがいやなら、自分で変える努力をって意見






立派な意見のように見える。どこからも文句がこないような。









けど ちょっと待って。









最初に茶髪にするような子が 学校や生徒会に掛け合って



茶髪を勝ち取るようなことすると思う?









まず そういう子が茶髪にしてみる。




その後を 時代がついてくるような気がするけど。









ローリング・ストーンズは 最初 “不良の音楽”って言われた。





本人たちは 好きなブルース(ロック)を好きな格好してやってただけだ。



ボーカルのミック・ジャガーが インタビューでこう言ってる



記者「いつかグレートな存在になってやろうと少年時代に思っていたか?」



ミック「ただ 好きなブルースをやっていただけだ。



ブルースなんて有名になれるような音楽じゃなかったから 



そんな目的もなかったな。



結果的にこうなったというだけさ」










今じゃ ロックは一大産業となり 巨額の富を生み出してる。






ストーンズは今 尊敬をこめて「永遠の不良少年」と呼ばれてる。










 
私が正論のように見えることばにハテナ?と思いはじめたきっかけは









タタオが小6のとき



うっかり、椅子を引いてタタオを落としてしまった。



そしたら 突然タタオが大泣きして





「おかあさんはいつでも 自分が悪くても誤らない。




僕が悪いことになるんだ!!





先生だって!!」









いつも元気なタタオの初めての様子に私はびっくり!






泣きながら学校でのことを話すタタオ。



元気が良すぎて、先生にはもてあまし気味だったのか



いつも先生にタタオが悪いと決めつけられ  



タタオが善意でやったことでも信じてもらえない悔しさ




先生から「お前のような子は邪魔になるから帰れ」と言われたと




泣きながら、私に学校でのことをぶつけるタタオ。








私「どーしていままで黙ってたの?!」




タタオ「だっておかあさんは 



『先生のこと悪く言っちゃいけない』って



言ってるじゃないか!!」








なんたること!







バカな私は




先生の「教師のこと家で悪く言わないでください」という言葉を鵜呑みにし




聞きかじりの安易な道徳観念で、





子供が本心が言えないように押さえつけていたのだ。








このときである。



私は自分のバカさ加減にあきれ、



こんな母だったことを深く反省し



暴走かーちゃんへと変貌をとげるきっかけになったのは。











学校じゃ「家に帰れ」と言われ 



うちじゃ「お前が悪い」じゃ




タタオも居場所ないよなぁ。






            bic_4s.gif

           アニメ提供 コロママ



          
posted by タキちゃんのママ at 01:21| Comment(16) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

茶髪

ランキングに参加しています。ここをクリックで投票です。ヨロシクお願いします。





             bic.gif





キキコと友達(御存知 暴走ファイブのメンバー)が


高校の担任の先生と飲みに行ったときのこと






担任の先生「いや〜キキコにはどれほど苦労かけられたか。



オレはお前に髪の毛のことで怒ったことがあるか?



オレはお前にお願いしたんだ



『頼むから、髪の毛黒くしてくれ』って。



生活指導のこわい先生(生徒たちから『ヤクザ』と呼ばれてたらしい)から 



呼び出しくらったときも 



お前が行くとケンカになると思って




『お前は行くな。オレが話つけてきてやるから』



といって、オレが行ってきたんだ。



オレだってあの先生こわかったのに」






と、さんざん ぼやかれたらしい。













タタオくん 中1のとき 初めて茶髪にして ルンルン気分で 学校へ。


(ちょうど、茶髪のはしりのころ)




ところが 先輩に 生意気だと殴られた。








帰ってきたタタオ 私に



「黒くするから、黒染め買ってきてほしい」




そして、黒く染め直すと 次の日 平気な顔で学校に行った。







私だったら、絶対学校になんて行きたくない。



なんて立ち直りのはやいヤツ。



しかも、こいつは髪染めてトラブッても、自分でなんとかできるんだ。



だったら、好きにすれば。











キキコちゃん 中学生になったある日



私が帰ってきたら 



タタオくんに髪の毛を染めてもらってる最中だった!!!









キキコ 高校生になって 






キキコ「髪の毛黒くしないと、生活指導の先生から 親も呼び出されるんだって」




私「いーよ。いつでも行ってやる!!



『人間みな平等



 肌の色や髪の色で差別するなって学校で教えてんじゃないのか?!』




って抗議してやる!!」








キキコ「いや、おかあさんが行くと 話がめんどうになるから いい」











キキコ セッセと 黒染めはじめる。







キキコ、担任の先生に




『オレが生活指導の先生に話つけといたから、



頼むから、明日までに髪の毛黒くして来てくれ』




と頼まれたらしい。













そして キキコ 黒染めしながら







「(担任の)先生だっていろいろ大変なんだよ。」








アンタのせいだろーが!!!







                bic_4s.gif

              アニメ提供 コロママ



              


posted by タキちゃんのママ at 19:27| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

はじめて聞いた

ランキングに参加しています。ここをクリックで投票です。ヨロシクお願いします。





     family_05s.gif








タタオは17歳のときにタトゥをいれた。


(このときも、18歳だと年齢詐称で入れたらしい)






あるとき、私に見つかり ダンナにも言えない私の苦悩は大変なものだった。


どーしても、理屈じゃなくイヤなのだ。






次にうちのダンナに見つかった。


(だって、うちは子供部屋 出入り自由だし)






ダンナ「オイ、タタオがタトゥのシールなんて貼ってるぞ


私「シールじゃないよ。本物だよ」




そのときの、ダンナのショックは私の比ではなかった。








どんなことにも動じなかったダンナの初めての様子に 


これは、タタオと会わせたら大変なことになると思い


あわてて、私はタタオに


「タトゥがお父さんに見つかったから、しばらくうちに帰ってくるな」


と言い渡し、




タタオは強制家出状態に。










ダンナは怒り狂ったか?



NO!



落ち込んだのである。


こんなダンナは初めて見た。









タトゥといえば、刺青である。





ダンナ「タタオは、ヤクザの使い走りなんてしてるのかもしれない」


(イヤ、そんなことは無いと思うけど)





ダンナ「一生懸命育てたのに、ヤクザになるのかと思うと・・・・」


(だから、そんなはずないって。


タタオ、ヤクザ嫌いだし。


「ダサいからやだ」って言ってるもん。


ファッションとして、ピアスと同じ感覚なんだよ、たぶん)










ダンナ、あんなに仕事一筋だったのに




ダンナ「オレは もう 仕事もやる気がしない。


息子がこんなになったら」





(ヤクザの使い走りなんてしてないってば)













ダンナ「オレはタタオがすべてだった」









(そーだったんだ 初めて聞いた)







キキコ「エッ?あたしは?」






タタオ、家に帰れず、友達んちを転々と。






私「タタオが『オレは、なにも悪いことなんてしてない。


ヤクザの使い走りなんてしてないし』
って言ってるよ。




今の子の、はやりで軽はずみにやったんだよ」











しばらくして ようやく 冷静になったダンナ。






ヤクザの使い走りの疑いも晴れ、




やっとのことで、タタオ強制家出解除。






思わぬことで、父親の深〜い愛を確認したタタオであった。








しかし、タタオは 今でも、


父親とゴルフに行っても 決して父親とは同じお風呂に入らない。






日本の文化ではタトゥはまだまだ重いものがある。




若い子は 決して 軽はずみにやってほしくない。






        family_megane_s.gif

        アニメ提供 コロママ




         




posted by タキちゃんのママ at 22:34| Comment(22) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

いいおかあさんって?

ランキングに参加しています。ここをクリックで投票です。ヨロシクお願いします。





        family_01megane.gif







前に書いた、世間で言われてるいいお母さんと、


ホントに子供のことがわかってるおかあさんって違うかもって話。





女の子が突然友達の家に泊まるって親に電話した場合、


「突然なんてとんでもない。すみませんが帰してください」


「子供がお世話になります。よろしくお願いします」




こういったタイプがいいおかあさんだと思ってた。







ところがマコちゃんのおかあさんは、マコちゃんに



「わかった。キキちゃんのおかあさんによろしくね」というだけ。




子供がウソついてたら、おわりだよ。




でも、マコちゃんは、ウソつかない。






そして、夜チェック入れてくるおかあさんの子供がウソついて遊んでる。




キキコ「おかあさん、カラオケみんなで行ってて遅くなるから、


○○ちゃんのおかあさんから電話があったら、


『もうすぐ帰ります』とかうまいこと言っといて。」









キキコと遊んでた○○ちゃん。スカートも短い。



でも、○○ちゃんのおかあさんと話すと、○○ちゃんが何してるかよくわかってるのよ。



「こんなことあったって言ってたわよ」ということは、


私もキキコから聞いてたことなんだ。




○○ちゃんって何でもおかあさんに話してるんだなあって思った。






逆に真面目でよく出来る子のおかあさんで、




「子供のこと、ホントにわかってんの?」




って思うことあった。




子供をどこの高校に行かせるかとかばっかり言っててさ、



その子が実は友達いなくて寂しそうとかいうこと、ちっともわかってなくて、





「アンタ、高校より、もっと子供の気持ちでわかってあげなくちゃならないことあるでしょ」って感じ。








いい子って、親も安心して子供のこと深く考えたりしないのかも。




手のかからない、親が安心できる子が、実は大変なことになる場合も、最近多いよ。




(本当に親に心配かけない良い子もいると思うけど、


それは、親がものすごい苦労して子供を育ててる場合とかじゃないの?)







子供が派手に思春期謳歌してる場合、


親は、「オイオイ、うちの子は何やってるんだ?」って


子供に目を向けるからかな?





「あの子大丈夫?」思われてる子が、


実は、親と子が心が通じてるんだなあって思うことが多かった。







世間的にいいおかあさんは、


子供が悪いことしないようにきちんと管理してるかもしれないけど、


子供のことホントにわかってるのとは違うときがあった。








私も、世間的にはいいおかあさんとはとてもいえないけど、



子供がお世辞にも良い子とはいえなかったおかげで、



子供の気持ちが多少わかる親になれた。









そのころ




キキコの友達「おばちゃん、お願いだから、


きのうの夜はキキコんちに泊まったってことにして」



私「アンタ、どこ泊まったの?


まさか、子供ができるようなこと、してないでしょうね?」



キキコの友達「だいじょうぶ、気をつけてるから」



私「やっぱり、そういうことしてるんだ」



キキコの友達「あっ」



まんまと私の誘導尋問にひっかかるキキコの友達。




でも、ホントのことを言ってくれれば、注意のひとつもしてあげられる。




その当時、キキコは、言ってたもんだ。



「おかあさんって、あたしの友達のおかあさんにウソばっかりついてるよね!!!」






            family_04s.gif

           アニメ提供 コロママ
posted by タキちゃんのママ at 22:29| Comment(27) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

しょせん、現実は






ランキングに参加しています。ここをクリックで投票です。ヨロシクお願いします。





            bic.gif





タタオが16才のころである。


私が昼寝してたら、タタオがFくんと帰ってきた。


私が隣で寝てるとも知らず、2人で話してる。



Fくん「あ〜、安くてうまくていっぱい食べられる店に行きたいな」


タタオ「そんな店あるかよ」




Fくん「女の子も誘ってさ、どっか遊びに行こう」


タタオ「やだよ。オレ、彼女いるもん」




Fくん「見つかんないよ。お前も別な子と遊んでみろよ」




タタオ「やだよ。ここら辺で遊んだら、バレるに決まってるだろ。


それに、オレ、別に、他の子となんか遊びたくないし」




Fくん「いや、お前、一度やってみろよ」




セッセと浮気を勧めるFくん。






****************







タタオは、そのころ、彼女はしょっちゅう変わってたが、


彼女のいるときに別な子と付き合うようなめんどうなことはしなかった。






当時、タタオは、しょっちゅう、女の子を連れてきてた。


その度に、私は「この子がヨメになるかも♪」と思ってたのだが、


あんまり次々といろんな子を連れて来るので、


そのうちバカバカしくなってヨメと思うのはやめた。








タタオとFくんたちは、そのころ、店の食べ放題の日に行っては食べまくってた。


「ジュースは?」と勧める店の人に、


「水でいいです」

と言って、食べ放題OKのものしか食べなかったらしい。




タタオ「だって、ジュースなんて飲んだら、お金もかかるし、

お腹いっぱいになって思い切り食べられなくなっちゃうじゃないか」





お店の人に

「お前ら来ると、赤字になるから、もう来るな」

と言われてたらしい。






***********************






しばらくして出かけたらしいタタオとFくん。


話はついたのだろうか?




私も、昼寝から起きて買い物に出かけた。



スーパーに行くと、



安くてうまい店で女の子誘って遊ぶ予定だった

Fくんと、タタオが、





スーパーの前で、コロッケを食べてた!!!





         bic_4s.gif

       アニメ提供 コロママ




                





            
posted by タキちゃんのママ at 23:22| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

暴走おばちゃん日記


ランキングに参加しています。ここをクリックで投票です。ヨロシクお願いします。





         dance.gif






ご存知、キキコといっしょにいじめを戦ってくれた中学時代からの親友マコちゃん



中学時代、マコちゃんがおかあさんに電話する。


「きょう、キキコんち泊まるから」


これで、OK。



子供が泊まるというと、必ずうちにTELしてきて確認する親もいるんだけど、


そういう子に限って、親にウソついて遊び回ってる。





マコちゃんちのおかあさんは、確認なんてしないけど、


マコちゃんは親にウソつかない。





親子に信頼関係があるのよね。





わたしゃこれを見て、いいおかあさんというものの定義が変わったね。


世間で言われてるいいお母さんと、ホントに子供のことがわかってるおかあさんって違うかもってね。



マコちゃんのおかあさんはまちがいなくいいお母さんだった。



(あんなに勇気のあるマコちゃんに育てたし)








久しぶりに、キキコとマコちゃんが会っておしゃべり。



マコ「あたしね、仕事場にお母さんの作ったお弁当を持ってってるのよ。


この間、


『きょうはやけに膨らんでるな』と思ったら、


お弁当箱の上に、バナナが1本はいっていたんだよ。信じられる?



前に、みかんが入ってたのね。


それはまあいいかって思ってたら、バナナだよ。





あたしに、仕事場の休憩室でこのバナナむいて食えっていうの?



サルじゃないんだから。」






キキコ「まったく、母親ってなに考えてるんだって思うよね。


うちだって、この間、おかあさんと街で待ち合わせしたら、


おかあさん、何履いてきたと思う?


あたしが高校のとき体育で履いてたスニーカーだよ。


うしろにタキ本って書いてあるヤツ


『お母さん、そんなの履かないでよ』って言ったら、


『どーして?』だって、信じらんない。」






マコ「うちのおかあさん、Tシャツ着てその上からブラジャー着けて、


さらに、Tシャツ着るんだよ。



『何考えてんの?』って言ったら


『だって、うちに帰ったら、Tシャツと、ブラジャー脱いで、


そのまま、眠れるじゃん。』だって。




どうよ、これ? 」







キキコ「ユキママが


『きょうは、雨だから、長靴履いて行きなさい』って言うんだって。



ユキは『まったく母親ってなに考えてんだか。



あたしが、バッチリ決めたこの格好で出かけるのに、



長靴履いて行くとでも思ってんのかしら?』




ってあきれてたよ」




キキコ「おかあさんが


『きのう、お風呂入らなかったから、きょうはお化粧ラク」っていうから


『どうして?』って聞いたら


『だって、きのうお化粧してるから、ちょっと重ねてパウダーファンデーション塗るだけじゃん』



おかあさん、顔も洗わないんだよ。


脂性じゃないから平気なんだってさ。




もう女捨ててるよね!



っていうか、人間捨ててる!」






       dance_s.gif

          アニメ提供 コロママ


posted by タキちゃんのママ at 20:06| Comment(22) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

タタオ、とらばーゆする、パート3.

ランキングに参加しています。ここをクリックで投票です。ヨロシクお願いします。





        bic_4.gif







タタオ、とび職から女の子用の服屋に、



華麗なる転身を遂げたはずが、



仕事で気は使うわ、仕事帰りに、いちゃもんつけられるわで、散々。




タタオ、イヤになったら、すぐ向きをかえてドリブルして、


次の突破口を探す。







タタオ今度は、土木作業員。


(どーしても、ガテン系)






気を使うより、体を使うほうが好きらしい。


タタオくん、性に合ってるこの仕事で、またもスッキリ顔でご帰宅。








そのうち、車の免許も取った。


車の免許を取った翌日から仕事に行ったのだが、


驚いたことに、その日の夕方、




タタオ、軽トラックに乗ってご帰還!!!




明日からはこのトラックで、現場まで行くらしい!!!!




免許取りたてで、いきなりトラック?!!









毎日、泥だらけのかっこうでトラックに乗って帰って来る。







タタオがトラックを使わせてもらうようになって、私もついタタオに


私「ちょっと、ビール買いに行くのに乗せてってくれない?」


タタオ「トラックなんて、泥だらけで乗れないよ。真っ黒になるよ」


私「いや、重いビール持ってくる思いしたら、へーき、へーき」



タタオ、あきれ顔で、助手席に私を乗せる。


タタオに車があると(たとえトラックでも)便利、便利。








その当時、タタオ、泥だらけで帰ってくると、


お風呂にはいって、夕飯食べてから


毎日、バッチリおしゃれして遊びに出かけていた、





トラックで!!!





           bic_4s.gif


         アニメ提供 コロママ


        



posted by タキちゃんのママ at 22:47| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

タタオ、とらばーゆする、パート2.


ランキングに参加しています。ここをクリックで投票です。ヨロシクお願いします。





         family_hart2.gif






タタオ、鳶(とび)から、いきなり、女の子用の服屋へとらばーゆ。



お店に、同じ高校だった生徒が来ると、年齢詐称&学歴詐称がバレてしまう。


タタオ、知った顔が来ると、あわてて隠れる。


なかなか大変である。



しかも、タタオに「その服、似合いますよ」なんてセリフは言えそうもないんだけど・・・・


だいじょぶなんだろか?






仕事の帰りゲームセンターに寄ると、



Yシャツ・ネクタイ姿のタタオに、いちゃもんをつけてくるやつがいる。





二人組にゴタゴタ言われ、思わず「表へ出ろ」とタタオ。




向こうも、若いサラリーマンがそう出るとは思わなかったんだろう。




外へ出た途端いきなり「すみませんでした」とあやまり

タバコ買ってきましょうか?」




タタオ「いらねえ、そんなもの。恐喝になっちゃうじゃねえか



(えっ?そーなの?)






夜になると、タタオ、ぶつかってきたやつに、


「おい!」と怒られ、



「すみませんでした」と、謝ると、



“こいつはちょろい”、と思われたらしく


「土下座してあやまれ」ときた。






頭にきたタタオ、結局、乱闘騒ぎ。






街中でケンカとくりゃ、警官がくる。



街中にいる友達がくる。



しかし、相変わらず、運のいいタタオ、



まわりの人たちが「あっちが先に手を出したんですよ」と言ってくれ、セーフ。






しかし、警官は去っても、タタオの友達は残ってる。



ちょろいサラリーマンに因縁つけてやれと思った相手は、



タタオの友達に囲まれ、今度は自分が謝るはめに。





人を見かけで判断しちゃいけないよ、




(良い子かと思ったら悪い子かもしれないんだから。あっ、普通、逆か?)








私「女の子ばっかりの職場でいいじゃん」



タタオ「それも、気つかって、疲れるよ」



なるほど。






鳶のときは、毎日、スッキリしたいい顔で帰ってきてたのに、


このころは、疲れたサラリーマンみたいな顔で帰ってきてた。


(17才なんだけど)






結局、この仕事はきっかり2ヶ月でやめてしまった。


(これはタタオの仕事最短記録)





働かない=金が入らない=遊べない


の三段論法により、タタオ、すぐ職探し。






タタオの次なるとらばーゆ先は?・・・・・・パート3につづく。




           family_01megane.gif



               アニメ提供 コロママ

 


           



posted by タキちゃんのママ at 21:00| Comment(12) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

タタオ、とらばーゆする

ランキングに参加してます、ここをクリックで投票です。ヨロシクお願いします。




       family_05s.gif







タタオは、高校をやめた後、


鳶(とび)の仕事に就いてガンガン働いていたが、




「ちょっと、仕事替えてみようかな」




とおもったらしい。







求人募集している若い女の子用の服屋の面接に行った。





まだ17才のくせに、




18才、○○高校卒業」と書く。





それって、年齢詐称&学歴詐称なんじゃ・・・





いくら、パチンコ屋で聞かれたときのために



偽の年齢を頭に入れてるとはいえ。



(生年月日だけじゃなく、十二支も覚えてるのがコツ なんだそうだ。



偽の生年月日をスラスラ言えても、



「じゃ、なに年?」って聞かれるとアウトらしい。)








年齢を偽り、学歴詐称にもかかわらず、即、採用。






アンタって、ホント、何やっても食べていけるよね。






前日まで、ニッカボッカに地下足袋姿だったのに、



翌日からは、Yシャツネクタイに、スーツ姿。






大笑いする家族をしりめに、サラリーマンタタオ、



スーツを着て、アメリカンバイクでご出勤。




タタオの初めてのサラリーマン生活始まる・・・・


パート2に続く。




        dance_s.gif           


            アニメ提供 コロママ
          

          
posted by タキちゃんのママ at 20:11| Comment(19) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。