2005年12月29日

タバコ

キキコが中学生のころ、

「このごろ、みんなでコンビニの裏にいるんだ。」と言ってた。



「へえ、そう。」と聞き流していたが、

ある日、犬の散歩の時間になっても帰ってこない。

(当時は、朝は高校生のタタオが、夕方は妹のキキコが、犬のラッキーの散歩に行っていた。)


あそこだな、とピンときて、犬のラッキーを連れてコンビニの裏に行った。



そこではまさに、


キキコがタバコを手に持ち、一服しようとしているところだった。


そのときのキキコの、まさに鳩が豆鉄砲食らったような顔。


今思い出しても、笑いがこみあげてくる。

 

タバコを親に見つかって、言葉も出ないキキコとまわりの友達



私は黙って、ラッキーと犬のウンチ袋をキキコに渡して帰ってきた。
(帰り道、キキコの顔を思い出しては、笑いが止まらなかった。)


 

後で聞くと、タバコはやめるつもりで1週間禁煙していたのだが、友達の

「たまには、1本吸ってみる?」

のことばに、手を出したちょうどその時に、私が現れたらしい。


友達に、「いままで吸ってなかったのに、キキコってホント運が悪いね。」と、同情されたそうな。


 
そのあと、

「ね、お父さんに言った?」

ってうるさく聞くから『言ったよ。』と返事したら、


「お父さん、すごく怒ってた?それとも、もう私のことなんて知らないって言ってた?」
としつこい。


「そのどっちでもないよ。」


『えっ?』


『お父さんは「どうせ、友達とあそびで手を出してるだけだろ」って言ってた。』

 

キキコの顔が、パッと明るくなった。「そーなんだよ。体に悪いし、私、タバコは止めるつもりだからだいじょうぶ。」


 

というわけで、めでたく禁煙の高校生活だったのだが、二十歳近くなり、ちょっと吸いたくなったらしい。


「でも、この一箱で止めるから。」と言ってたのに、キキコの部屋に行くと、また、タバコがある。


「キキコ、アンタ、タバコ止めるって言ってなかった?」と言うと


『実はね。』


「きのう、おばあちゃんが「キキちゃん、おばあちゃん買い物に行くけど何か欲しいものある?」って聞くから



「タバコ一箱。」って頼んだら



「お母さんにはないしょだよ。」ってタバコワンカートン買ってくれたんだよ。」

(遊びにきてた義母はタバコ好き)
「せっかくだから、これ吸い終わったらやめようかと思って。」

と机の中のワンカートンのタバコを見せてくれた。


どこの世界に、





未成年の孫に、タバコワンカートン買うばーちゃんがいるよ!


P・S・友達とのたまり場を親に教えるなんて、ホント私はバカだった。−キキコ談―
posted by タキちゃんのママ at 22:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

バイク

タタオとキキコの、16才のバースデイプレゼントは、原チャリの免許代だった。
  
 

「バイクはダメよ。」と言われて、「はい。」ときくような子供達じゃないのは、百も承知なので、免許証持たせて、保険に入って、安全運転してもらうっきゃっないでしょと思ったのだ。

 

キキコは免許は取ったものの、こわい思いをしたのか、すぐ、乗らなくなってしまった。

 

タタオはバイトして、さらに、中型バイクの免許を取りに、合宿に行った。



無事、免許も取れ、合宿から、帰ってきたその日に、父親が、「バイク買いに行こうか。金、貸してやるよ。」と言った。
銀色に輝くバイクを買って、二人は帰ってきた。

 

あとで、タタオがうれしそうに言ってた。
「オレ、、お父さん、いきなり、バイクのお金なんて、絶対、貸してくれないって思ってた。
また、バイトして、バイクの頭金、貯めなきゃなと思って帰ってきたら、いきなりバイク買いに行こうだもん。」

 

ダンナは、毎月の返済金を書いた月謝袋のようなものを作って、タタオに渡していた。

 

そのうち、タタオは、バイク仲間と、走るようになり、「みんなで同じワッペンつけることにしたんだ。」と言うから、黒の革ジャンに、ワッペンを縫い付けてやった。



五、六人でワッペンつけて走ってるのかしら?と思いながら、とにかく、バイクで出かける日は、イライラして、事故など起こさぬよう、気持ちよく、送り出した。

「行ってらしゃい。気をつけてね」。


しばらくして、「オレ、友達と二人で、トップ走れって言われたんだ。」と言うから、五、六人で、トップもないだろうと思いながら、ふんふんと聞いていた。




 十八才になって車の免許を取って、バイクに乗らなくなったときは心底、ほっとした。そして、最近―――。



タタオたちが、友達の誕生祝いに、オカマバーにくりだして大騒ぎしたそうだ。



「いやー、びっくりした。オカマの店員が『先輩、おれ、先輩のバイクのチームにいました』って。そいつ、女になってた。」



私も、おもしろがって、「男だったときと違ってた?」って聞いたら、「わっかんないよ。オレ、そいつ知らねーもん。」

「えっ?同じチームじゃなかったの?」「同じったって、オレは、前走ってるし、後ろのやつらなんて、いっぱいいるから、誰がいるかわかんねーよ。」


 

えっ?アンタ、五、六人で走ってたんじゃなかったの?

いったい、アンタ、何してたの?・・・・・・こわくて聞けない・・・・・・


ランキングに参加してます。クリックで協力してください。
posted by タキちゃんのママ at 22:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供の思春期は親と子の戦いのとき、パート1

息子のタタオが中学生のときである。


ダンナに、「ねえ、タタオったら、土曜日でもないのに、夜中の12時過ぎまで遊んできたんだよ。しかってよ。」と、言ったら、


「オレは自分のしかる時くらい、わかってる。お前に言われたからって、ホイホイしかれるか。オレはお前のロボットじゃないんだ。」


が〜〜〜ん。夜遊びはあなた的には、OKなのね。


ダンナの援軍を頼めないとわかった私は、しかし、おもしろくない。
こうなりゃ、私だけで、仕返ししてやる!(何の、仕返しだよ。)


次の日、タタオのお弁当は、








おかずなしの白いごはんに、ごま塩一ビンだけだった。





好き勝手してると、報復があんのよ。開けてびっくり、お弁当。ザマーミロ。
帰ってきたタタオ、





おいしいお弁当、ありがとう
と、苦笑。       


「友達が、かわいそうって言って、ふりかけくれた。」よかったね。いい友達もって。

 それ以来、子供が何か悪いことするたびに、こっちも報復してやった。




妹のキキコいわく


--------うちのお母さんは、子供にわからせるために、教育的な意味で、してるんじゃないのよ。子供に勝手なことされて、おもしろくないから仕返ししてるだけなんだから。―― 
                
  
たとえば、子供の物だけ洗濯しない。


いーのよ、好き勝手やっても。その代わり、好き勝手やって、洗濯してもらおうなんて、甘いのよ。好き勝手やりたけりゃ、洗濯は、自分でしてね


(あたしの洗濯物だけ、より分けて、あたしの部屋にもどしてあるんだよ。そのほうがよっぽどめんどうだってのに、「はやく洗濯しとかないとあした雨かもよ」とかイヤミ言って。


おにいちゃんに、「お母さん、洗濯してくれない」って言ったら「それが、うちの子の通る道だよ」だって。―――キキコ談―――)


たとえば、子供の物をゴミ袋に入れて外へだす。   


(あたしが、夜遊びから帰ってくると、あたしの机ん中の物全部、ゴミ袋に入れて、捨ててあるんだよ。あたしがお年玉で買った大事な化粧品だけは、お兄ちゃんが「お母さんには言うなよ。」って言って、拾っておいてくれたんだけど。とにかく、あたしが何かやらかす度に、お母さんってば、次は、どー料理してくれようって、手ぐすね引いて、待ってるんだから。―――キキコ談―――)


テレビで、中学生の子供を持つ芸能人が、


『この時期、親は、もっと、子供と戦わなきゃ。まわりを見ると、親は、けっこう、子供のいいなりなんだから。』と言っていた。


いっしょに見ていたキキコは、私に向かって、言った。



「アンタは、立派に戦い抜いたよ。体は、ボロボロ、お腹は、ブヨブヨになるまでね。」

ランキングに参加しています。クリックでご協力ください。
posted by タキちゃんのママ at 00:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はじめに・・

このブログは、思春期のガキと戦いぬいた私の記録。
現在暴走中のご本人の方、および暴走予備軍のいる家庭、必見。

登場人物

ダンナ     55歳
私       52歳
タタオ(息子) 26歳
キキコ(娘)  23歳

ランキングに参加しています。クリックでご協力ください。
posted by タキちゃんのママ at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。